2005年6月18日生。愛犬『豆ひめ』の成長記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後1675日

昨日の深夜頃から、豆がとても具合悪そうにしており
ゴハンはもちろん、大好きなオヤツからも目をそらす状態になった。
朝になっても全く同じ状態だったが、仕事を休むわけにはいかず
できる限りの環境を整えて、泣く泣く出勤した。

悶々としながら仕事をこなし、超特急で帰宅すると
大量の水ゲロを吐いたらしき跡が見られたので
弱り果てた豆を抱っこして、かかりつけの動物病院に転がり込んだ。

診察台に乗せられている弱々しい豆を見て、獣医さんが
「見た感じ、元気そうですけどねェ。」と言った。

ハァ!? 元気そうだとォ!? (`曲´#)

鼻もカッラカラに乾いて、こんなにヨロヨロしているのに!!
と、思ったときに別の獣医さんが豆の前を横切って
「かわいそうに‥しんどそうな顔をして。」と豆の頭を撫でてくれた。

わぁぁーん!!! 良い獣医さんダァァー!!! ・゚・(ノД`;)・゚・

「この獣医さんにチェンジしてください。」と喉まで出かかったが
豆のカルテに『オーナー神経質』と書かれているのを知っているので
言葉をゴクンと呑みこみ、今見てくれている獣医さんにお任せすることにした。

オウンの検査をしたり、血液検査をしたり、レントゲンを撮ったり‥
いろんな診察をしていただいた結果

「おそらく胃腸炎でしょう。」

との診断だった。

冬毛がほとんど抜け落ちた状態で、極寒の中
散歩に連れ回したから風邪をひかせてしまったのかもしれない‥。
うぅ、豆ちゃん本当にごめんよ。ゆっくり休むんだよ。

100118.jpg

診察料 500円

血液検査 7000円

レントゲン 5000円

点滴 4500円

豆と暮らす日々 priceless
スポンサーサイト

【2010/01/18 23:33】 | -
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。