2005年6月18日生。愛犬『豆ひめ』の成長記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後287日

今日は術後経過を診ていただく日なので病院へ行った。腹帯を取って傷口の消毒。初めて傷口見たけど大体5cm強くらいの傷だった。獣医さんが「う?ん、この子は本当におとなしいなぁぁ・・・。たいてい傷口のテープ剥がす時は鳴くんですけどねぇぇ・・・。」と驚いておられたが、豆の目が完全にイッていたのできっと極度の緊張でプチ失神状態だったのだろう(笑)。「ちゃんと良くなってるからもうちょっとの我慢だよ?。」と獣医さんと看護士さんに励ましてもらいながら、豆は再びボロボロの腹帯を装着された。私:「もう紐も全部噛み切ってしまって、家にある違う紐で結んだりで、ほんとにボロボロなんですよ?。(だから新しいのに換えて欲しいなぁぁ?)」とちょっとアピールしてみたが、看護士:「ホントですね?、おうちで新しい紐つけてくださってるんですねぇぇ(笑)。」と腹帯のほつれているところだけハサミでチョキチョキされながら、あっさりかわされてしまった。チキショ?!! ま、とりあえず順調に回復していると聞き安心したが、ずっと気になっているオウンが出てない件を相談すると 獣医さん:「ん?、ま、そのうち出るでしょう。」 主人&私&豆「・・・・・・・。(えっ?それだけ!?)」 少し物足りなさを感じながらも獣医さんの言うことを素直に聞き入れ、引き続き化膿止めの薬をもらって帰宅した。もう散歩に行っても良いとのことだったので久しぶりに散歩へ行くと、豆は5日分のおびただしい量のオウンを放出した。獣医さんスゲー!ほんとにそのうち出たよォォ!!!後は抜糸を待つのみです♪
オウンをしてスッキリしたけど腹帯が取れず、ゴキゲン斜めの豆ちゃん。
スポンサーサイト

【2006/04/01 23:53】 | -
トラックバック(0) |


satsuking_dash
豆ちゃん、切ない表情ですね。でも、人間で術後はしばらく入院したりするんですから、小さい体の豆ちゃんはよくがんばっていますね。それにしても、豆ちゃん6日間もお便秘だったのですね。でも、順調に回復しているようで、良かったですね、本当に。



ラム母
豆ちゃん、避妊手術されてたのでびっくり。もうそんなお年頃だったのですね。うちの子も来月なので参考になることばかりです。
でもこの手術着というか腹帯なんかシルクのドレスみたいにも見えて艶かしいったらない。貴婦人が臥せっているようなんですもの。
でもいっぱいおなかにためたものを一気にだせて良かったですね、そういうのって、ほんとにもう大丈夫なんだなあって、まこさんも安心されたのではないですか。ひとまずおめでとうございます。



makopmakop
Tsuma様
ありがとうございます。早くこの腹帯から解放してあげたくて、抜糸の日が待ち遠しいです。
豆は本当によく頑張っていると思います。私たちはどういう理由でどんな手術が行われるのか、というのをきちんと理解して手術を受けますが、意味もわからないまま突然手術を受けた豆は、さぞかし怖い思いをしたんだろうなと思います。完治したら怖い思いと痛い思いをした分、楽しくて嬉しい思いをさせてやりたいと思っています。



makopmakop
ラム母様
ありがとうございます。ラムちゃんは来月なんですね!私たちは、手術の日程が決まってからも最後の最後まで迷いが残っていて、術後もまだ私たちの決断は間違っていたのではないだろうか・・と悩んだくらいです(笑)。ラム母さんもラムちゃんのことを考えると心配で仕方がないことと思います・・。ヘタレ豆ですがラムちゃんよりも一足先に経験したということで、何かお役に立てるようなことがありましたら、何でもおっしゃってくださいね。
それにしてもこの腹帯。現物を知らない方々にはキレイに見えるんですネェェ(笑)。腹には「抜糸 4/6~4/10」と書かれている上、オションの黄ばんだシミにボロボロの紐、ほつれたガーゼ・・。貴婦人が臥せっているというか行倒れの旅人みたいですよ・・・(汗)。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。