2005年6月18日生。愛犬『豆ひめ』の成長記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.1kg

10/9の早朝に実家へ豆を預けに行った。今から飼い主と離れるというのに案の定、嬉ションしながらウハウハで実家に上がり込んだ豆。2日分のフードやおやつ、おもちゃ等を渡して「絨毯の上でオウンするかもしれませんが何卒よろしくお願いします。」と挨拶をし、時間がないのですぐに出発した。豆の様子が気になって何度か実家に電話してみたが特に困った様子はないと言う。夜にまた電話をして「豆どうしてる?淋しがってない?」と聞くと、母が「あ・・う、うん。特に変わった様子・・もなくて元気にし・・てるよ。うん・・。」と言った。母の言葉の節々から豆が私たちのことなんかスッカラカンに忘れてかなり浮かれている状態であることは容易に想像できた。明日迎えに行った時、配送センターの人たち並みに吠えられるんじゃないかと心配になった。
10/10、朝に母から「豆は本当に賢くお留守番ができています。夜も全然鳴かなかったしトイレもちゃんと出来ています。賢い賢い!安心してくださいね。」というメールが届いた。うぅ?ん・・母の前では相当イイコらしい。用事を済ませ予定よりもずいぶん遅くなったが、豆を迎えに行ったらとりあえず吠えられることなく、喜んで迎えてくれてホッとした。主人は「おぅおぅ、豆?。淋しかったかぁぁ??豆?豆?!!」とデレデレになっていたが、昨夜母と電話で話し、全然淋しがってなかったであろうことと、もっとすごい喜び方をする豆を知っている私は至ってクールだった。預けていた荷物をまとめて豆を連れ帰宅。ふぃ?疲れたぁぁ。やっと我が家へ戻ってきましたが、ものすごくつまらなそうにしている犬がここに1匹おります・・。
↑在りし日の豆。かわいいのぅ・・。
スポンサーサイト

【2005/10/10 23:57】 | -
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。